低用量ピルとは

低用量ピルとは

ピルといえば女性の場合には
避妊薬といった認識を持っている人も少なくないでしょう。

避妊を考えている人は多いでしょうから
ピルを使うことを考えている人も少なくないでしょう。


ピルにも種類がありますが避妊を考えて
ピルを使うというので使用することになる
ピルは低用量ピルと呼ばれるものになるでしょう。


低用量ピルのほかにも
アフターピル・超低用量ピルがありますが、
避妊して性交渉を考えるなら低用量ピルになります。

低用量ピルは経口避妊薬と呼ばれている薬になります。


低用量ピルには
エストロゲンとプロゲステロンという
女性ホルモンに似た2つの成分が配合されており、
これらの成分によって脳が女性ホルモンがしっかり分泌されていると判断し
ゴナドトロピンの分泌が低下します。

ゴナドトロピンとは、脳下垂体から分泌される物質ですが、
これによって卵胞が発育し排卵が起こりますから、
分泌を抑制されることで卵胞の発育は低下して排卵も抑えられることになります。

排卵が抑制されるために妊娠しにくい状態になるのがこの薬の仕組みです。


低用量ピルの作用はそれだけでなく、
プロゲステロンが血中に多くなることで
エストロゲンの作用がうまく働きにくくなり受精卵の着床を助ける
子宮内膜の増殖を抑えることになるため受精卵が着床しにくい状態になります。


また、プロゲステロンには子宮頚管粘膜の粘り気にも関係があり
粘り気が強くなることで精子が通りにくい状態になります。

こういった作用によって妊娠しにくい状態にしているのが低用量ピルです。

気になるのはどのくらい確実に避妊することができるのかという点でしょう。
低用量ピルの場合には、100%近くの確立で避妊することができるとされています。


ネットなどで購入する場合には、
すべて自分の責任で行うことになりますから
良くわからないままなどあやふやな知識での利用はさけましょう。

医師の診断を受け正しい用法、
用量を守ることが大切です。

避妊効果を得るためには
飲み忘れはだめですからきちんと
医師の指示に従うのがおすすめです。

低用量ピル以外にもピルには、種類がある

ピルには

アフターピル、
ピル、
低用量ピル、
超低用量ピル

といったように種類がありますが、
違いはそれえだけでは、ありません。

ピルを服用したことがある人であればわかると思いますがピルは、
基本的に21日間飲み続け7日間休みまた、飲み始めることになります。


しかし、ピルのシートには1シート21錠のものと28錠のものがあります。
この違いはどのようなことになるのでしょうか。


基本となるのが1シート21錠のタイプになりますが、
飲み忘れを防ぐために28錠タイプのものがります。

28錠タイプのものは、最後の7錠は、薬の成分が配合されていません。

21錠タイプのように飲みきったら7日間の期間を持つことで
次の飲み始めを忘れてしまう可能性があります。


休薬期間の間に卵胞が発育するため、
飲み始めが遅くなってしまうと妊娠する可能性も出てくるため
飲みくれないようにすることが大切になります。

そこで休薬期間も薬成分の配合されていない錠剤を
毎日飲むことで飲むことを習慣にすることができ飲み遅れを防ぐことができます。

慣れている人は飲み遅れるということもあまないのかもしれませんが、
初めて飲み始める人や飲み忘れてしまう心配がある人は、
こういったタイプを選択した方がよいでしょう。


効果をきちんと発揮させるためにピルは飲み忘れないようにすることが大切です。
休薬期間もそうですが、
それだけでなく飲み続けている期間の途中でのみ
忘れてしまったりするとせっかくの効果が発揮できないことも考えられます。


ピルは1日飲み忘れてしまうと避妊効果が薄れてしまいますから飲み忘れた場合には、
中断して次の生理を待つことになります。

その間は別の方法で避妊する必要が出てきます。

だからこそ飲み忘れないようにすることがとても大切です。


ピルや低用量ピルは、特に1度飲み忘れてしまうと効果が期待できなくなってしまいます。
比べて超低用量ピルの方は低用量ピルほど
効果が薄くなるということはないとも言われていますが
効果が薄らぐことには変わりありませんから飲み忘れないようにする必要があります。


飲み忘れてしまうだろうなと思うようであれば、
最初から飲み忘れても効果が薄らぎにくいものを選ぶのも1つの方法かもしれませんね。