ピルの副作用を考えて種類を選ぶ

ピルは避妊薬として海外では多くの人が利用しています。
日本ではまだまだ浸透しているとは言えませんが、
避妊を考えるのであれば検討してみるとよいでしょう。


避妊薬として一般的なのが低用量ピルです。
他にも超低用量ピルもありますが、
こちらは日本では認可が下りてそれほど年月が経っていないこともあり、
まだまだ、認知されていないのが現状です。


ピルの使用を考える際に1つのポイントとなるのが副作用です。
ピルを飲むことで副作用があるということを理解している人もすくないでしょう。

人によってどの程度の副作用がでるのかは違いがありますし、
ピルの種類によっても副作用には違いがあります。


軽い副作用としては、胸の針や痛み、吐き気、頭痛、むくみ、不正出血、体重増加などもあります。

これらの副作用はピルを飲むことで叙せ営ホルモンを体に補充することになるため
ホルモンバランスが変化して起きると考えられています。

生理痛などでもこういった症状がある人は少なくないでしょう。

そのため副作用とまでは考えない人も少なくないのかもしれませが、
人それぞれで違いがあるためどの程度の副作用が出るのかは
実際に服用してみないとわからない部分もあります。

ピルでの副作用はピルを服用し続けることででなくなってきます。

ただし、状態によっては、
服用をやめておいた方が良いばあいもありますから、注意も必要でしょう。


例えば
また、ひどい吐き気や嘔吐が2日以上続くような場合には、
そのピルはやめて他の種類のピルの服用を考えた方が良いでしょう。

また、頭痛デモ注意が必要です。
副作用での頭痛も体の中でホルモンバランスが整えば自然となくなりますが、
激しい頭痛が続くようなことも考えられます。

これは血栓症の可能性も考えられますから医療機関の受診を受けることが必要です。

喫煙している人などは特に血栓症のリスクが高くなるため注意が必要です。



ピルの副作用としてもう1つ体重の増加がありますが、
これは実際には副作用ではないことが臨床試験の結果言われています。

ただし、ホルモンの変化が何らかの影響を与えているのではないかということも言われています。
体重が増えたという人の多くがピルを飲んでから食欲がすごく食べてしまうという話しがあります。

体重増加も1~2kg程度であれば体のむくみと考えることができますが、
それ以上の体重増加に関しては食べ過ぎている可能性もありますから
食べ過ぎないように気を付けることも必要でしょう。

避妊薬女性用ピル 早くて安心安全なおすすめ通販

生理痛に悩むならピルを考えてみる

生理痛に困っている女性は少なくないでしょう。
実際に働いている女性の7割程度が生理痛を感じているようです。

その中には仕事に支障をきたすほどの生理痛に悩んでいるという人もいます。


生理痛がひどくて生理の時には鎮痛剤を飲んでいるという人も少なくないでしょう。
時には、生理痛がひどくて仕事を行うことができずに寝ているといったこともあるでしょう。


生理痛は人によって程度が違います。
腰のあたりが重く感じる程度の人もいれば、
下腹部や腰が痛くて動くことも嫌になるといった場合もあります。

痛みなどの程度が人によって違うといっても痛みなどがあるのは不快であることは確かですから、
少なからず仕事や日常生活に違いが出てくるでしょう。

そういった生理の時の痛みを少しでも和らげるためにピルの利用を考えてみるのもよいでしょう。


また、生理の際にイライラしたり気分が落ち込むなどの
気分の変化などを感じている人も多くなっています。

ちょっとしたことでイライラしてしまって、
自分ではどうすることもできないイライラに悩んでいる人もいるでしょう。

これは生理が来ることによってホルモンのバランスが崩れることが原因の1つとなっています。

こういった症状もピルを飲むことでホルモン分泌の変動を整えることができるため
症状を和らげることができます。

ピルは避妊のための薬としての認識が強いのは確かですが、
生理痛を和らげるのにも役立つ薬です。

もちろんピルには副作用もありますが、
その副作用を軽減して使用することが出来るように
ピルには種類がありますから上手に利用することでより快適な日々を送ることもできるでしょう。


生理が不順で困っているという場合にもピルを役立てることができます。
ピルを内服していることで約28日周期で整理が規則正しくやってくることが期待できます。


生理が規則正しくなれば旅行などの計画も立てやすくなります。
また妊活している女性にとってはとても重要なことになりますね。



ピルが避妊の薬と思っていると妊活でも利用できるのはなんだか不思議な気がしますが、
ピルを服用するのは、女性ホルモンを服用していることになりますから、

それによって避妊に役立てることも
できれば生理不順などの改善にも
役立てることが出来るということになります。


ただし、安易な判断は危険です。
生理不順もどのようなことが原因となっているかによっても
違ってきますし生理痛に関しても何らかの病気が原因となっていることもあります。

まずは医師の診断を受けることが大切でしょう。


特に生理痛は困っていても長い間続くことでもないことからそのままということも多いでしょう。
一度診断を受けてみることも大切です。
その上でピルなどを検討してみましょう。