ピルをどうやって選ぶ方法


アフターピルは性交渉の後に飲むことで避妊するための薬になります。

ただし、アフターピルは、
避妊することができる確率が
通常のピルに比べると低くなるため常に利用するようなものではありません。

緊急避妊薬として使用するピルになります。

どれを選んだらよいのか迷ってしまうのは通常のピルでしょう。
低用量ピルや超低用量ピル、

また、その中にも種類がありますからどういったものを
選んだらよいのか判断は難しくなってしまいます。

まずはピルにどんな種類があるのか
何が違うのかを理解することが大切です。


また、ピルは基本的に医療機関で処方してもらう薬となります。
処方してもらう際にわからない点や
疑問などはきちんと確認するようにしましょう。

ピルはどこの医療機関でも処方してもらうことができるものではありません。

婦人科や産婦人科で処方してもらうことになりますが、
産婦人科の場合には取り扱ったいない場合もありますから
事前に確認しておくことも必要でしょう。

これは、産婦人科の場合には
お産を専門にしているところもあるためそういったところでは
避妊薬の処方は行っていないばあいがあるためです。

またピルの全種類を取り扱っているともかぎりません。
こういったピルを処方してもらいたいという希望があるのであれば取り扱っているのかも確認しておいた方がよいでしょう。

避妊を目的としてピルを処方してもらう際には
基本的に問診のみで処方してもらうことになりますが、
人によって違いもあり時には検査が必要となることもあります。

検査としては血圧測定や血液検査などになってきます。

問題がなければピルを処方してもらうことになりますが、
医師からこういったピルがあるという説明もありますから
きちんと説明を聞き納得した上で服用するようにしましょう。

ピルは多くの人が服用している薬ですが、
薬には間違いありませんからどういったものであるのか
副作用の確認なども大切なことになります。

処方してもらったピルを服用した後副作用もありますが、
副作用は基本的には続けているうちになくなってきます。


ただし、副作用の出方は人それぞれですから、
あまりひどかったりのみ続けていても
収まらないような場合には
きちんと医師に確認することが大切です。

頑張って服用しても副作用で吐いてしまっていたりすると
避妊効果が出るかわからない場合もありますから気を付けましょう。